セミナー講師プロフィール

丸眞株式会社 眞邉光英
成蹊大学法学部法律学科卒業 専攻:知的財産権法(紋谷ゼミ)
学生時代に、ブランドと密接な関係にある、知的財産権の一つである”商標権”について学ぶ。
大学の中でも最も厳しいと言われていて、弁理士を多数輩出している名物ゼミで幹事(ゼミ長)を務める。
ブランド構築が攻めだとすれば、知的財産権によるブランドの保護は、守りのブランドマネージメントである。
その両方の視点から、資産としてのブランドを考えることを得意としている。
現在は、実家の鰹節屋を継ぎ、鰹節を提供するだけでなく、飲食店のコンサルティング及び、商売繁盛をサポートしている。
麺ビジネスコンサルタント 渡邉眞人
飲食企画コンサルティングを手掛ける日本レストラン企画株式会社(JRP)に在籍。ショッピングセンターや百貨店の飲食店街の企画・設計・開発を手掛ける。その後、主にうどん・そば店向けのコンサルティングや店舗デザイン・厨房機器開発製造などを行うフジックスグループ代表に就任。そばうどん繁盛BOOK(旭屋出版)日経レストラン(日経BP)などそばうどんビジネスコンサルティングと関連記事執筆多数。

永山塾 塾長 永山 寛康
前一茶庵手打ち教室主任講師、前築地そばアカデミー学長を経て、現在マンツーマンの教習をモットーにプロのための蕎麦教習「永山塾」を運営中。『食のトータルスクール自由が丘 LAPIN(ラパン)』講師。
ブログ【ロマンは蕎麦にあり】






<ゲスト講師>
旭屋出版 相談役 土田治氏

土田 治(つちだ・おさむ) 昭和29年(1954)生まれ。新潟県上越市出身。立教大学卒。昭和53年(1978)、活ョ屋出版入社。年刊誌「すしの雑誌」、月刊「近代食堂」、月刊「喫茶&スナック」(現月刊「CafeRes」)などの編集を担当した後、平成元年(1989)「近代食堂」編集長に。月刊誌を続けながら、年刊誌「焼肉店」「そば・うどん店繁盛BOOK」などの編集長を兼任。全国の繁盛飲食店をとび回って取材・編集し原稿を書く毎日を送る。平成12年(2000)常務取締役に就任。その後「近代食堂」編集長等を順次退任し、そば・うどん関係や和食、フランス料理、パン関係等の料理書、飲食店開業書、店長本などの書籍やMOOKを多数制作。平成30年(2018)2月に相談役に就任。
閉じる